ようやく梅雨が明けましたね。
なが~いトンネルでした
でもこうやって明けるんですよね、いつかは。
まさに「明けない夜はない」ですし、「止まない雨はない」んですね。


8月に入りお盆ももう目前に迫ってます。
世の中ではコロナウィルス問題のさなか、帰省をどうするのかという件が論議されています。
今年初めと比較して、人々はコロナウィルスとの付き合い方(ウィズ・コロナ)を少しずつ見出しているようです。

しおりでも見学にいらっしゃる方が徐々にみえられるようになりました。
ここ最近は続けて5名の方がいらしています。
相変わらず言われるのは「こんなところがあったんですね~」という声
あとは「自由度が高くていいですね」や、「プログラムの時間帯が自分にピッタリ」とか。
一軒家風の建物に驚かれる方も少なくないです。
「どこか親戚のおうちみたいです」とか。
そうそう、「こんなにちゃんと話を聞いてもらったのは初めてです」という感想も。

そしてしおりメンバーさんは変わらずに予防策にご協力くださっています。
手洗いにマスクの着用、ディスタンス、それから多めの人数が集った場合には階を分けたりと。

しおりではICTを活用したサービスも行っていますが、やはり人と人とが顔を合わせるものとはやっぱりちょっと違いますね。
ウィズ・コロナはもはや避けられないものなのだとしたら、いかにスムースに「ウィズするか」が肝になるのでしょう。
目に見えないものだから無性に恐怖感を抱きがちですが、正確に認識して上手にウィズしていきたいと思います。


いよいよ暑さ本番。
どうぞ皆さん、水分補給を忘れずに、お元気にお過ごしください